小さな不動産会社社長のブログ

住環境

以前は築27年前後で建替えるのが一般的です。
これでは地球上の樹木が無くなり、環境にも悪影響を及ぼします。
現在建てられている住宅は、最低でも35年以上は大きなリフォームを必要としないものです。
断熱性能・換気性能も良くなり、結露も少なく暖房費も安価となっています。

 

問題になっていたシックハウス症を発生させる建材の使用も制限され、良い住宅が供給されていますので、 安心して住宅を求めることが出来る様になりました。
これまでは住宅環境が、ぜんそく・アトピー等々を発生させていました。 原因は住宅内の結露で、抵抗力の弱いお子様やお年寄りが1番の被害者です。

 

結露する住宅で受験勉強に専念出来ないでいる多くのお子様や、結露する住宅にお住まいになられていて、春と秋にはぜんそくで入院していたお子様が、新築の住宅に移ったところ、数年後には元気になり、体育の授業も受けられるようになった事例もあります。

 

家族の健康が家庭の1番の幸せです。
笑い声が絶えず、明るく健康に過ごせる住宅を是非お求め下さい。具体的に土地を探したり、住宅建築の検討は、その道のプロに聞くのが1番です。
【聞くは一時の恥・聞かざるは末代の恥】 と申しますから。
次回へ続く