小さな不動産会社社長のブログ

家族

核家族(夫婦と子の最小家族構成)が一般的になって久しい。
親は子供を育て、育った子供は親と成って子供を育てる。
当たり前のサイクルとなっている。
だが、子育てを終えた親はどうなるのだろうか?鮭の世界じゃあるまいし、ただ朽ち果てることにはならないであろう。

 

中国の言葉に、「養児防老(育てられた子供が親の老後を見る)」 とあるが、この中国でも過去の一人っ子政策の結果、老人ホーム へ入れられる親が多いと言う。
今、老人世帯で振り込め詐欺・悪質商法の被害者、あるいは人知れず死亡する孤独死が見受けられる。
家族構成の本来の姿を考える必要が有るのではないだろうか?

 

不動産の世界でも、原野商法で騙され更にその土地を売却の為と言って、境界測量詐欺被害者が増えている。

 

平成19年5月15日  次回へ続く