小さな不動産会社社長のブログ

欲しい物件は先ず押さえること

雪も解け、桜咲く良い季節。
住宅をお考えの方々は、住宅見学会あるいは不動産業者・建築業者へお出かけでしょう。
多くの土地が売りに出されているが、希望に合うものはなかなか無いのが現実です。
住宅は売り物件が少なく、これまた希望に合うものが無いようです。
この中で欲しいものを買う為には、気に入ったら先ず「買いたい」と伝えることです。
この場合「融資が付けば」などの条件を付けておくことも大事です。
こうしておくと10日間ぐらいはキープ出来ますし、融資の審査に必要な書類を、無料で提供してもら得ることもあります。
お客様の中で「いいなー、欲しいなー」と思いながら、何も言わないで建築業者にプランあるいはリフォームの見積りを頼んでいるうちに、欲しいものが無くなっていて、ご立腹される方がいます。
勘弁して欲しいです。

 

ちなみに一般的な購入手順ですが、
「現地確認→売買打合せ→融資事前審査→買取申出→売主承諾→境界確認→売買契約→融資申請→清算・引渡し」
で進めると、トラブルは少ないようです。

 

平成23年5月11日 次回へ続く